search

産学連携Industry

カテゴリー

  • 2014年
  • スポーツ

滋慶学園グループとドイツ・ブンデスリーガ フランクフルトが教育提携!

日本の高等教育機関で初めて!欧州リーグのトップチームと教育提携

ドイツで行われたアイントラハト・フランクフルトと滋慶学園グループ(代表校TSR)の教育提携調印式。 トーマス・シャーフ監督(中央)と滋慶学園本部国際センターの渡辺センター長(左)、滋慶学園EASTの古島エリア長(右)

滋慶学園グループは2014年10月、東京スポーツ・レクリエーション専門学校(TSR)を代表校としてドイツ・ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトと国際教育提携を結びました。欧州リーグのトップチームとの教育提携は、日本の高等教育機関として初めてとなります。

<フランクフルトへトレーナー派遣、フランクフルトから特別講師を招聘>

TSRからはトレーナー・コーチをフランクフルトへ派遣するほか、フランクフルトが日本で行う選手のスカウティングをサポート。また、フランクフルトは特別講師による授業の実施、サッカースクールの運営サポートを行う予定にしています。

また、フランクフルトの日本語版WEBサイトの運営をTSRの学生が担当。WEBサイトをリンクさせ相互の認知向上を図ります。

<トーマス・シャーフ監督が国際顧問に就任>

フランクフルトのトーマス・シャーフ監督と国際顧問契約を締結しました。
学校へのアドバイスや支援を受けるほか、年2回の特別講演、海外研修などでの交流も予定しています。

欧州リーグトップチームとの教育提携、サッカー界の世界的名将との顧問契約を通して、滋慶学園グループでは、海外や日本のプロチームで活躍するトレーナーやコーチ、スポーツビジネス人材の養成に力を注いでいきます!

(TSR広報センター 佐藤)

ページトップへ戻る